文部科学省指定校事業
教科等の本質的な学びを踏まえた主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)
の視点からの学習・指導方法の改善の推進事業

新潟大学教育学部附属新潟中学校
平成30年度10月19日(金)


教育研究発表会

当校では,今年度より,文部科学省指定「教科等の本質的な学びを踏まえた主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の視点からの学習・指導方法の改善の推進」の指定校として,新学習指導要領のキーワードである「主体的・対話的で深い学び」を具現化する実践研究を行っています。今年度の研究の成果を,教育研究発表会を開催し,発信いたします。ぜひご参加いただき,明日の教育について一緒に考えましょう!!

≪研究会発表リーフレット&公開授業の具体的な内容≫
画像をクリックしてください。PDFファイルが開きます。

 


≪研究会の内容≫
1 当日のスケジュール
 受 付( 8:40~ 9:05)
 全体発表( 9:10~ 9:40)
 公開授業Ⅰ( 9:55~10:45)
 公開授業Ⅱ(11:00~11:50)
 フォーラム(12:35~13:40)
 協議会 (13:55~15:15)
 講演会 (15:25~16:35)

2 全体講演ならびにフォーラム
全体講演会

資質・能力をどのように育成し,どのように評価するのか
~「深い学び」を考えることを通して~
京都大学 高等教育研究開発推進センター 教授
講師 
松下 佳代 様
<講師プロフィール> 専門は教育方法学(特に,能力論,学習論,評価論)。能力はどう形成され評価されるのかに関心をもち,初等・中等教育と高等教育の共通性と差異に着目しながら研究を進めている。主な編著書に,Deep Active Learning(Springer,2017),『アクティブラーニングの評価』(東信堂,2016),『ディープ・アクティブラーニング』(勁草書房,2015),『〈新しい能力〉は教育を変えるか』(ミネルヴァ書房,2010),『パフォーマンス評価』(日本標準,2007)など。現在,大学教育学会副会長,日本カリキュラム学会代表理事,日本教育方法学会理事,日本学術会議会員。

全体講演会
ブース①
新学習指導要領で求められる
学 習 評 価 について
京都大学大学院
教育学研究科 准教授
石井 英真 様
文部科学省・「教育課程部会 児童生徒の学習評価に関するワーキンググループ」委員としてご活躍されている石井先生から,学習評価についてご講演いただきます。また,附属新潟中学校の取組を皆さんと共有します。

ブース②
新学習指導要領で求められる
カリキュラム・マネジメント について
東洋大学 食環境科学部
食環境科学科 教授
後藤 顕一 
全国の数多くの文部科学省研究開発学校運営指導委員,前国立教育政策研究所総括研究官を歴任されている後藤先生から,カリキュラム・マネジメントについてご講演いただきます。また,附属新潟中学校の取組を皆さんと共有します。


3 研究内容について
 当校で育成したい資質・能力は,「知識及び技能」「思考力・判断力・表現力」「人間性」「メタ認知」の4つです。これらを,確かな形で育成するためには,授業で生徒が資質・能力を発揮し,資質・能力の高まりを実感することが大切です。そこで当校では,本研究主題で目指す生徒の姿を次のように設定しました。
【目指す生徒】


 この姿を具現するためには,どのように授業を工夫すればよいでしょうか。当校では,これまでの研究成果を踏まえ,次の三つを提案します。 「意味ある文脈での課題設定」「対話を促す工夫」「学びの再構成を促す工夫」です。これらを「確かな学びを促す3つの重点」と定義しました。
【確かな学びを促す3つの重点】


 今年度は,「学びの再構成」に焦点を当てて研究しています。「学びの再構成」とは,課題解決の過程で,様々な事象を通して,生徒が知識及び技能を捉え直し,相互に関連付け,構造化していくことです。研究の実際から,「学びの再構成を促す工夫」は,各教科等の特性に応じて,二つの過程を手掛かりに構想することが有効であると見えてきました。

【学びの再構成】

 これらの働き掛けにより,生徒は,課題解決の過程で,教科等の資質・能力を発揮しながら知識及び技能をとらえ直し,相互に関連付け,構造化していきます。そして,単元最初と最後の身のまわりの世界の見え方やかかわり方が変容したことを実感し,教科等を学ぶ意味を見いだすのです。

≪研究会の内容≫
お申し込みは,10月11日(木)までにお願いします。
方法1  
FAX:025-223-8351
※詳細についてはこちらのアイコンをクリックしてください。

FAX       
方法2
Mail: kenkyukai2018@fuchu.ngt.niigata-u.ac.jp
※詳細についてはこちらのアイコンをクリックしてください。

 
本文に「所属・氏名・参観授業・参加協議会・フォーラム・連絡先電話番号・一般(現職派遣教員含む)/学生(大学生・大学院生)の別・昼食の希望の有無」を入力して、送信してください。
※フォーラム (ブース①:学習評価フォーラム ブース②:カリキュラム・マネジメントフォーラム)の申し込みについて
 ○ 希望人数に偏りが生じた際は,人数を調整させていただくことがあります。
 ・ 先着順とさせていただきます。
 ・ 同一校で複数の参加者がいる場合は,可能な限り均等になるようお申し込みください。
 ・ 「どちらでも構わない」場合は,下記に③とご記入ください。
 ・ 参加ブースは,当日,受付でご確認ください。

方法2
TEL:025-223-8341
参加費:一般参会者2,500円 大学生1,000円

≪当校の書籍≫
○ 当校の書籍「附属新潟中式『3つの重点』を生かした確かな学びを促す授業」(東信堂)
 
Amazon紀伊國屋Junk堂7ネット楽天ブックスなどで絶賛販売中,また東信堂からも注文できます。

 
【日本教育新聞(平成30年2月19日付)の書評より一部引用】
「『見方・考え方』を手がかりに,型ではなく,生徒の学びの姿において教科の本質を追究する実践」であり,「3つの重点」で構成する授業が「最適解を自分たちでともに創る過程で本質的なプロセスを経験する『知識構築学習』がデザインされている」という研究者による巻頭言での同中実践への評価は,新学習指導要領の趣旨を実現する授業づくりを考える際の課題の在りかを示したものともいえ,第1章「理論編」も熟読したい。」


≪研究に関するお問い合わせ≫
研究に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
新潟大学教育学部附属新潟中学校
研究主任 上村 慎吾


TEL 025-223-8341
FAX 025-223-8351