本文へスキップ

TEL. 025-223-8341

〒951-8535 新潟県新潟市中央区西大畑町5214番地

【教育目標】
生き方を求めて学ぶ生徒
【重点目標】

自ら考え行動する 考えを吟味し判断する 他者を尊重し協調する よりよいものを創造していく

【平成30年度・当校の研究】
文部科学省指定校

<推進事業名>
「教科等の本質的な学びを踏まえた主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の視点からの学習・指導方法の改善の推進

<事業推進目的>
今年度から2年間,文部科学省の指定校として,教科等の本質的な学びを踏まえた主体的・対話的で深い学びの視点から,学習・指導方法の不断の改善を図るための実践的な調査研究を行い,その成果を発信していきます。


<研究概要>
研究主題 「豊かな対話を求め,    確かな学びに向かう生徒を育む授業」
 新学習指導要領の「主体的・対話的で深い学び」を授業でどう実現?附属新潟中は真っ向からこの課題に挑戦します!
 「豊かな対話を求め,確かな学びに向かう生徒を育む授業」を研究主題に2年次研究がスタートしました。2年次研究の研究の概略を紹介いたします。
【附属新潟中で育成する資質・能力】

【目指す生徒】

 将来必要となる資質・能力を身に付けるためには,生徒が自分自身の資質・能力の高まりとして「○○ができるようになった」「○○と△△が関連していることがわかった」「1つ1つの知識がつながった」「○○を目的,場面等に応じて活用できた」「他者とのかかわりで新たに○○するようになった」「もっと○○について学びたい」など確かな実感を経験することが必要です。
 今年度の重点として,
生徒の資質・能力を発揮させるために「確かな学びを促す3つの重点」−「意味ある文脈での課題設定」「対話を促す工夫」「学びの再構成を促す工夫」を全教科共通の重点として設定し,資質・能力が高まった姿とそのために有効な働き掛けを明らかにします。


【平成30年度・春の公開授業研究】
 新学習指導要領完全実施まであと3年。附属新潟中は,新学習指導要領に対応するために,「主体的・対話的で深い学び」を具現化する授業改善から,学校づくりを推進しています。先生方が明日からの授業改善,学校づくりで自校化できるアイディアを提案します!次のキーワードに興味をもった皆様,春の公開授業研究,そして教育研究発表会にお越しください!!

○リーフレット@へのリンク
○リーフレットAへのリンク
【平成30年度 教育研究発表会1次案内】

(画像をクリックするとPDFファイルが開きます。)

 平成30年度教育研究発表会の日程および講演会の内容をお知らせいたします。
京都大学高等教育研究開発推進センター教授

松下 佳代
先生
を講演会講師としてお招きします。松下佳代先生は「ディープ・アクティブラーニング」をはじめ,アクティブラーニングの評価などをご専門に研究されております。今回のご講演では,
「資質・能力をどのように育成し,どのように評価すべきか〜『深い学び』を考えることを通して〜」
をテーマに資質・能力についてご教授いただきます。
 また,「教育Now!」として,選択可能なフォーラムを2ブース開催いたします。
「学習評価」について
京都大学大学院
石井 英真先生
「カリキュラム・マネジメント」について
東洋大学
後藤 顕一先生
正式な案内・申し込みについては,8月末日にご案内いたします。多くの皆様のお越しをお待ちしております。

TOPICS   



新潟大学教育学部附属新潟中学校

〒951-8535
新潟県新潟市中央区西大畑町
5214番地

[TEL] 025-223-8341
[FAX] 025-223-8351
[E-Mail]
fucyu@jhs.niigata.ed.niigata-u.ac.jp

[QRコード]
スマートフォンをご利用の方は,こちらからアクセスください。

http://jhs.niigata.ed.niigata-u.ac.jp/

[アクセス]
新潟駅より約3キロ
新潟市内線バス
「浜浦町先回り新潟駅行き」または「浜浦町経由西部営業所行き」乗車し,バス停「附属学校入口」で下車

[Googleマップ]